メインコンテンツへ


トップ > 研究開発

信頼のできるパートナーとして選んでいただくために!

常に創造の感性を磨き、技術的な裏付けに基づきながら新しい表現を探索し、新価値創造に取り組んでいます。

感性にミートする設備を創る

ただ「充填」「成型」するだけのマシンはつくらない

専務取締役 渡辺信男

メーキャップ化粧品設備シェア60%の開発力を他分野で活かす。

お客さまの新しいビジネスにお役立ちできるアイデアを創造する開発段階の治具・部品加工の考案から量産機としてのご提案まで、お客様をサポートすることが三信精機の使命です。

三信の生産設備機械

心を満たすモノづくり

三信精機の生産設備は、機械を使い生産に携わる人は勿論、その機械から産み出された商品を使う人の心までを満たすことを大切な条件として設計します。ですから研究開発段階からお客様と共に目的を共有、もっとこうしてほしいをしっかり把握、使い手とその先のお客様にも喜ばれるモノづくりを目指しています。

口紅

五感に響くモノづくり

化粧品も食品もそうですが、設備が産み出す製品の大半は人が使います。手や肌に触れる、口に入れ、歯で噛み、食べる、いくら効率よくモノが生産出来たとしても、人の五感に響かない商品は受け入れてもらえません。三信精機は「感性にミートする設備を創る」ことを常に心がけています。

■ 新製品開発に専門の担当者が協力

お客様の新製品開発において、弊社開発スタッフチームとの
共同開発も行っております。

  • 研究者と協力して開発
    研究者と協力して開発
  • コンサルティング
    コンサルティング

プロジェクトに入る前にお客様の要望を開発スタッフ全員が共有、各グループの責任者のキックオフミーティングを行います。コンセプトを事前に共有することで開発コストの削減、安定した品質、納期短縮も目指します。

■開発のフロー

キックオフ 現状ラインの確認 お客様の要望確認 システムの構想 生産設備設計

■ 機密保持について

当社の営業担当者がお客様より共同開発内容の概要を承った時点から、機密保持を厳守致します。

共同開発の流れ(一例)、技術打ち合わせ、共同開発に必要な情報をお客様から開示して頂き、お客様からのご提案をもとに技術的な打合わせをさせて頂きます。

■ 機械設備ラインへの要望

生産設備でお困りのことがありましたら、ご相談ください。

新製品開発から、最先端技術の設計・開発に携わる弊社ならではの解決の糸口をアドバイス致します。

多色のプレス製品をつくりたいんだけど・・

多色金型もできます。テスト用の金型をこちらで設計しますので製品イメージを教えてくれれば金型製作も可能です。弊社に御越し頂ければ、様々なサンプルもご覧いただけます。

口紅と金型の離型性が悪くて、生産効率があがらない。

紅形状はどうなってますか?スリムの斜めカットでしょうか?
そうであれば、冷却時間を長め(ゆっくり冷やす)にしたりすることでも状態が変わることもあります。あるいは金型への表面処理を特殊仕様にすることで、離型性の向上を上げることも出来ます。

電話・インターネットでお問い合わせを受け付けております。
【電話でのお問い合わせ】03-3758-5311 受付時間9:00〜17:30(土日祝祭日・年末年始は除く) 【インターネットでのお問い合わせ】お問い合わせフォーム

PAGE TOP