メインコンテンツへ


充填機

トップ > 充填機 > 三信精機の加熱式・直接充填(直充)式・多色式充填ライン

三信精機の加熱式・直接充填(直充)式・多色式充填ライン

様々な形状に対応した充填ライン

高い精度と温度管理が求められる化粧品充填技術を基に、
容器の形状に合わせたカスタマイズができ、お客様の希望する難しい
形状や化粧品サンプルの充填も可能です。

加熱式・直充式・多色式充填ラインの特徴

  • 単色から多色まで対応(※6色まで対応)
  • どんな形状でも対応
  • 温度管理ができ高度な充填にも対応
  • 直接充填式充填ラインイメージ画像(充填部拡大)
  • 直接充填式充填ラインイメージ画像

主な形状物

  • スティック
    スティック
  • ミニボトル
    ミニボトル
  • 金皿
    金皿
  • 樹脂皿
    樹脂皿

化粧品のサンプル充填について、私たちがご提案いたします

化粧品のサンプルのイメージ画像

様々な形状での少量充填が求められる化粧品のサンプル充填は、その都度外注する企業も多いのが現状です。三信精機では、容器の形状に合わせたカスタマイズや多色のサンプル充填に対応できるラインをご提案いたします。

■ 主な充填物の工程例

口紅(加熱製品)

加熱保温が可能なヒーターホースによる充填機とラインの構成によりレイアウトの自由度をユーザー様の設置場所に応じて対応がし易くなっています。

工程のポイント

  • 1つのサンプル容器に、6色まで配色充填可能
  • 色によって微妙な温度管理、撹拌条件、吐出速度等々の設計管理が標準完備
口紅(加熱製品)の充填工程フロー図

ファンデーション(加熱製品)

加熱保温が可能なヒーターホースによる充填機とラインの構成によりレイアウトの自由度をユーザー様の設置場所に応じて対応がし易くなっています。

工程のポイント

  • 充填時のバルクの広がりを持たせる為、充填直後にタッピング工程と連結させることも可能。
ファンデーション(加熱製品)の充填工程フロー図

マスカラ(非加熱製品)

高粘度あるいはファイバー入りでも充填制度を損なう事無く安定した充填を可能としています。

工程のポイント

  • 充填後のノズル先端へのバルク付着をなくす為にロボットによる容器昇降機能を設ける。
マスカラ(非加熱製品)の充填工程フロー図

マニキュア(安全増し防爆)

容器形状が多種にわたるマニキュア製品だから、ホルダーは一切使用せず容器のネック部分をホールドして搬送しますのでほとんどの容器に対応可能です。

工程のポイント

  • ガラス容器が多いため充填量管理が難しいことから、ノズルの入り込み量で充填精度を維持。
マニキュア(安全増し防爆)の充填工程フロー図

アイライナー

ペンシル形状容器が多く、自立性が悪いことからホルダーレスでの搬送が可能です。充填量検査、容器逆さ検出機能も備わっています。

工程のポイント

  • 尾栓供給および押し込みも自動なので、極力手作業工程を自動化。手作業は容器とキャップ部の供給のみ。
アイライナーの充填工程フロー図

リップ

容器への直接充填が可能です。充填後のヒケを防止するために温風により上部を加熱、下部は冷風にて固化させています。

工程のポイント

  • 充填後の冷却効率をいかに高めるかがポイント。
リップの充填工程フロー図
電話・インターネットでお問い合わせを受け付けております。
【電話でのお問い合わせ】03-3758-5311 受付時間9:00〜17:30(土日祝祭日・年末年始は除く) 【インターネットでのお問い合わせ】お問い合わせフォーム

PAGE TOP