メインコンテンツへ


成型機

トップ > 成型機

三信精機は成型する物質の特徴をしっかり把握、付帯設備についても考慮し、試作から量産まで、お客様のニーズに合わせた機械(紛体成型(パウダープレス)機など)をご提案致します。また量産機でありながらテスト機能を有しており、試作開発をよりスピーディーに実現します。

化粧品の粉体プレス製品(コンパクト、アイシャドー)から口紅。
食品、健康食品、化学製品まで業界の壁を越えた成型機ノウハウ。

■ 用途別 成型機ラインナップ

  • 粉体成型ライン
  • パウダープレス検査機
  • 口紅成形ライン

● 粉体成型機  ハイブリッドプレス機 SSPP-IIIプレスシステム
[通称:パウダープレス機]

電気による油圧制御を可能にしたハイブリッドアクチュエーター搭載 

粉体成型ライン

粉体成型ライン
SSPP-IIIプレスシステム
量産機能+プレステスト機能

電源3相200V エアー0.5Mpa 4ステーション

油圧タンクが従来比1/30まで縮小。
長時間の連続運転によるオイルの粘性変化も無し。
油圧でありながらサーボの様な動作を実現。
従来の位置制御とロードセルフィードバック制御を両立させ、より品質安定性を向上。
環境にも優しいエコ設計。
従来のモーター連続運転による電気使用量も大幅軽減。

ハイブリッドプレス機の特徴はロードセルの圧力をフードバッグさせて油圧シリンダーのロッドを制御。 またロッドを位置でも制御できる為、低圧プレスから高圧プレスまで広範囲にわたり、「一つの油圧シリンダー」でプレス圧をコントロール。 油圧でありながらサーボと変わらない数値制御を可能にしています。粉末を圧縮する際に起こりうるオーバーシュートを防ぎ効率よくエアー抜きを行える為、生産性および良品率の向上にも寄与します。

さらに、量産機でありながら様々な粉質に対応できる様、予め成形するパターンを3種類ご用意していますので、開発段階から生産に至るまで工程によるリスク低減にもお役立てが可能です。

■真空成型により硬度ムラが無くなり、均一なプレス成型が可能

真空されたプレス製品は適度にエアーを粉体内部から除去していきます。粉が均一にプレスされることで硬度ムラが無くなり、ケーキングしません。また、より均一にプレス成型されることで、使用感にも差が出てきます。※プレス機本体の粉供給用ホッパー状態や粉質によって多少の差異はございます。

真空プレス内部 従来通りのプレス内部
より均一にプレス成型されることで、使用感にも差が出ます。
SSPP-IIIプレスシステム付帯設備

製品仕様や必要数量にジャストフィットする付帯設備を選択することにより、最適コストでの生産が実現できます。例えば付帯設備の「高振幅フィーダー」による粉供給機をご利用頂ければ、作業者の負担軽減は勿論ですが、粉が「だま」にならずにホッパーへ供給出来ますので、より良い成型状態を作り出すことが可能となります。

SSPP-IIIプレスシステム付帯設備の機械一覧
・SSPP-Ⅲ本体[通称:パウダープレス機] ・製品排出シリンダー
・皿供給パーツフィーダー ・高振幅フィーダー
・シェーキング&シャッター機構付き粉供給ホッパー ・ケーキ皿クリーナー
・真空用パッド
  • 新粉供給フィーダー
    新粉供給フィーダー
  • 新粉供給フィーダー イメージ動画
    再生ボタンを押すと、動画がスタートします。

リニア式モーター駆動の為従来の約3倍の粉体を前に送ることが可能。
つまり、粉体を飛ばす感じで前に送るので、フィーダーの戻る影響を受けずに粉を前に送れます。従来であれば「戻り」の作用で粉が転がされ、それが「だま」になる原因でしたが、その問題点を解消しているのが新粉供給フィーダーです。

  • ケーキ皿クリーナー
    ケーキ皿クリーナー
  • ケーキ皿クリーナー イメージ動画
    再生ボタンを押すと、動画がスタートします。

粉体のプレス成形後に効果抜群!プレス機との組み合わせで成型~クリーニングまで一貫生産が可能。省力化と生産性の安定で、高品質な製品生産が行なえます。

■ 改良履歴

*皿搬送シリンダー部 エアーシリンダーからロボシリンダーへ改良 そのためポジション設定が可能で、汚れがひどい場合、ブラシ箇所のみ速度を 落とすことが可能になりました
*ガイド、ブラシ幅調整部 ダイヤル式に改良し数値にて調整可能になりました。
*本体下にダクトホースを通すことで、ホース長さ短縮で、集塵能力UP。

■ 販売実績

現場の声を常に取り入れ日々機械の改良を心掛けております。

ハイブリットプレス機 SSPP-IIIのカタログをダウンロード

(※本機導入に迷われたら、機械レンタルをご検討下さい。詳しくは、【機械レンタル】ページへ。)

2代目プレス機 サーボモーターによるプレス成型
● SSPP-II
2代目プレス機 サーボモーターによるプレス成型

基本ベースは、初代SSPPの能力を引き継ぎ、操作はタッチパネルにて条件設定・品種登録が可能。エアー抜けが悪い粉体については【真空打型】を新たに開発して、実機に搭載しています。

初代プレス機 油圧シリンダーによるプレス成型
● SSPP
初代プレス機 油圧シリンダーによるプレス成型

女性オペレーターの作業性、生産能率の向上から開発し、粉末原料を自動充填・固形化する画期的な専用プレス機です。
当時は大型の成型機しか存在していませんでしたが、小型化に成功。現在でも数多くのお客様にご利用頂いております。

■ その他粉体成型用設備

単独での小ロット生産向けの設備もございます。ご依頼により設計・製作致します。

  • 4stプレス機
    4stプレス機
  • スライドプレス機
    スライドプレス機
  • パウダープレス試験機
    パウダープレス試験機
    (ラボ用)
  • 油圧ミニプレス機
    油圧ミニプレス機
    (ラボ用)
  • 落下試験機
    落下試験機
  • 粉ふるい機
    粉ふるい機

● パウダープレス試験機

タイマー機能を持っているので、
さまざまな性質の粉体にたいして幅広く対応が出来ます。

パウダープレス試験機

パウダープレス試験機
電源3相200V
プレス方式:油圧シリンダー式
※本体寸法はそれぞれの仕様により異なります。

油圧電源を入れ、スタートボタンを押すだけのプレス成型です。
タイマー機能を持っているので、さまざまな性質の粉体に対して幅広く対応が出来ます。
油圧シリンダーは、φ80、φ50、φ32の3種類。
金型は含まれておりません。
主な用途:研究開発目的

● 口紅成形ライン

多品種小ロット生産に対応。小人数のオペレーターで口紅成形可能。

口紅成形ライン

口紅成形ライン
電源3相200V エアー0.5Mpa

金型は作業者が一定の温度で加熱します。
金型は作業者が供給し、ヒータートンネル内で一定の温度に加熱します。加熱された金型は傾斜コンベアに載り継がれ充填工程に入ります。
安定した流速で口紅を金型に流し込みます。
充填は定量に満たされた充填ホッパーから安定した流速で口紅を金型に流し込みます。
天面部の「ヒケ」防止
天面部の「ヒケ」防止のため、放冷部で遠赤ヒーターにより、天面加熱され、水冷コンベア部で口紅金型を冷却し成型します。
口紅成型システム付帯設備

製品仕様や必要数量にジャストフィットする付帯設備を選択することにより、最適コストでの生産が実現できます。

金型加熱用ヒータートンネル
金型傾斜コンベア
水冷コンベア
カレンダータイマー
流し込み充填機(サブホッパー付)
天面加熱用遠赤ヒーター
室内用チラーユニット
充填タンク加熱用金型温調機
金型上型外し機
金型上型外し機
口紅挿し機(挿し治具)
口紅挿し機(挿し治具)
自動繰り下げ機
自動繰り下げ機
フレーミング装置
フレーミング装置

■ 成型機の付帯設備開発について。

成型には成型機そのものの機能性も勿論大切なのですが、その工程に組み込まれる付帯設備の機能も大切です。三信精機はすべての工程を自社内で完結することができる“トータルエンジニアリング設備メーカー”です。「全ての分野に精通してこそ、お客様に最適なソリューションが提案できる」という想いが私たちの技術をここまで高めてきました。成型にはラインを付帯設備の他に単独での小ロット生産向けの設備もございます。ご依頼により設計・製作致します。

■ 成型機の様々な条件に対応します。

生産能力の向上
開発、設計、製造での生産向上はもちろん、タイマー機能の装備で朝一の作業が効率的に行われ生産能力を高めることが出来ます。
作業スペースの確保
放熱カット、Eco対応の充填機は温度調節もオイル循環器搭載により、循環ホース類の配管がスッキリし、作業スペース確保できます。
多品種生産に最適
高精度な充填量は自由自在に変えることが出来るので使用用途も医療、化粧品、建材、食品と幅広い分野に対応できます。
人件費の削減
作業工程の自動化などで資材を追加するオペレーターのみで対応することが出来ます。
充填・計量・調合作業をコンピュータで管理したい。
全ての作業をコンピュータで管理できるように製作します。

■ 成型機の開発

プロジェクトに入る前にお客様の要望を開発スタッフ全員が共有、各グループの責任者のキックオフミーティングを行います。コンセプトを事前に共有することで開発コストの削減、安定した品質、納期短縮も目指します。

■開発のフロー

キックオフ 現状ラインの確認 お客様の要望確認 システムの構想 成型機と付帯設備仕様設計
電話・インターネットでお問い合わせを受け付けております。
【電話でのお問い合わせ】03-3758-5311 受付時間9:00〜17:30(土日祝祭日・年末年始は除く) 【インターネットでのお問い合わせ】お問い合わせフォーム

PAGE TOP